京都 なかい歯科 義歯・インプラント ほてつ研究所

京都地下鉄「市役所前駅」徒歩3分 完全予約制075-252-1020

ドクター紹介

中 居 伸 行

院長 歯学博士 中 居 伸 行EAO

中居伸行の経歴

1992年 3月広島大学歯学部 卒業
1996年 3月広島大学大学院 歯学研究科歯学臨床系専攻卒業   歯学博士
1996年 7月広島大学歯学部第2補綴(ほてつ)科 助手
1998年 4月英国ダンディー大学歯学部 客員講師 英国歯科医師会 名誉登録医
2001年 4月日本補綴(ほてつ)歯科学会 専門医(認定医)
2002年 4月広島大学歯学部附属病院
口腔維持修復歯科 義歯・インプラント診療室II 外来医長
2003年10月広島大学病院
口腔維持修復歯科 咬合・義歯診療科 外来医長
2006年 3月武田病院グループ インプラントセンター (旧城北病院)現 北山武田病院 歯科部長
2008年 4月日本補綴(ほてつ)歯科学会 指導医
2008年 5月なかい歯科 御所南 ほてつ インプラント センター 開院
2009年 5月日本補綴歯科学会 認定研修機関 施設長
2010年10月European Association for Osseointegration
ヨーロッパインプラント学会 認定医 取得
2011年12月日本口腔顔面痛学会 専門 医・指導医(暫定) 取得
2013年 4月長崎大学歯学部 臨床准教授
2013年 4月長崎大学歯学部 臨床教授

「なかい歯科」のブログは、こちら。


01-01

EAO 認定医授与 ①

01-01

EAO 認定医授与 ②

01-01

カザフスタン シンポジウム

01-01

カザフスタン ハンズオン

01-01

Prof. Albrektsson

01-01

Prof. Groendahl

01-01

Prof. Yemm

所属学会等

主な研究業績(すべて筆頭執筆・発表者

誌上発表

  • 無歯顎患者における下顎の位置感覚と咬合力に関する研究
  • Thesis,広島大学1996
  • Comparison of the most comfortable mandibular position with the intercuspal position using cephalometric analysis..Journal of Oral Rehabilitation, 25, 370-375, 1998.
  • The masseter muscle and the postural position.
  • Journal of Oral Rehabilitation, 27, 448-449, 2000.
  • 口腔にかかわるQOL評価質問票(OHIP)の翻訳等価性の検討
  • 日本補綴歯科学会雑誌, 48(1), 2004.

学会発表

  • 頭部側面X線規格写真によるMost Comfortable Position (MCP)の検討 第22回日本補綴歯科学会中四国支部学会(松江),1996.8.25
  • The masseter muscle and the postural position   
  • The Society of Oral Biology (21st Store Kro Meeting) (Sweden),1999.5.15
  • 患者の下顎位感覚を尊重し義歯に軟質裏装を適用した一症例
  • 第104回日本補綴歯科学会(大阪),2000.11.10
  • 6 months’ change of occlusal contact on the distal-extended FPD
  • 12th Anual scientific congress, European Association for Osseointegration, Vienna(Austria) Oct 9-11, 2003

03-01

学術専門書

  • Electromyogram-force relationship at different occlusal vertical dimensions. in Brain and oral functions (T.Morimoto et al. editors)
  • Elsevier Science B.V., Amsterdam, 405-409, 1995.
  • SDP 歯をまもる 第1巻(中尾勝彦, 安田登, 高島昭博編集)
  • 医歯薬出版, 東京, 229-235, 2001
  • ザ・クインテッセンス2010 vol.29 no.12 December
  • FOCUS「コピーデンチャーの現状と可能性」

04-01


Quintessence DENTAL Implantology 2011年No.2 「臨床に生かす インプラントオーバーデンチャー
04-02


Quintessence DENTAL Implantology 2013年No.2
概論 インプラント周囲炎の概念 ─where are we now?─
04-03


Quintessence DENTAL Implantology 2014年No.2 大特集 インプラント オーバーデンチャー ─患者満足度が高いアタッチメントとは?─
04-04

招待講演

  • 2003.11.23 インプラントの上部構造について, 第21回日本歯周外科学会, 広島
  • 
  • 2009.11.28 インプラントオーバーデンチャーの現在 1985-2009, 平成21年度 京都府中京歯科医師会学術講演会
  • 2010.4.16「Implant-supported overdenture- MI concept and the rationale. 」第2回カザフスタン共和国 国立アスタナ医科大学,歯科インプラント国際学会2011.4.29「Occlusion for dental implants—Does any evidence of implantocclusion exist? 」第2回カザフスタン共和国 国立アスタナ医科大学,歯科インプラント国際学会
  • 2011.10.20 Kazakhstan 2010-2011 カザフスタンの歯科医療、歯学教育について, 平成23年度 京都府中京歯科医師会学術講演会
  • 
  • 2012.10.21 最新の科学的根拠を背景としたショートインプラントの臨床〜インプラント周囲炎をふまえて日本口腔インプラント学会中部支部大会, 浜松
  • 2012.10.28 科学的根拠に基づいたOsseospeed/ショートインプラント, 日本口腔インプラント学会中部支部学術大会, 浜松
  • 2013.1.27 インプラント補綴の現在, 第二回東日本大震災チャリティーシンポジウム, 京都
  • 2012.12.9 club22 特別講演 EAOへの道, 東京
  • 2013.1.27 東日本大震災チャリティーシンポジウム インプラント補綴の現在, 京都
  • 2013.9.2日本補綴歯科学会九州支部生涯学習セミナー. 科学的根拠を背景としたメインテナンス指向型治療の提案, 佐賀
  • 2013.9.23 ノーベルバイオケアー オーバーデンチャーセミナー Evidence-based IOD〜ロケーターアタッチメントの臨床応用, 仙台
  • 2013.11.17 日本口腔インプラント学会中部支部ランチョンセミナー Evidence-based implant overdenture〜ロケーターアタッチメントの臨床応用, 岐阜
  • 
  • 2014.4.13 SIMPLANTセミナー, maintenance-oriented implant therapy の提案, 名古屋
  • 
  • 2014.9.7 ノーベルバイオケアシンポジウム2014TOKYO, ロケーターアタッチメントに関して
  • 2014.9.14 第44回日本口腔インプラント学会, 若手インプラントロジストのためのワークショップ, 総義歯の基本から考えるIOD
  • 
  • 2014.10.11 第7回日本国際歯科大会, Prosthodontic aspect of implant overdenture
  • 
  • 2014.10.23 ノーベルバイオケア インプラントオーバーデンチャーセミナー, インプラントオーバーデンチャーの臨床応用, 
  • 2014.11.23 デンツプライインプラントジャパンサミット, Current perspective of implant overdenture-無歯顎補綴のスタンダードとして

堺 美由紀

歯科医師 堺 美由紀

堺美由紀の経歴

  • 2003年 長崎大学 歯学部卒業
  • 2011年 長崎大学大学院卒業  歯学博士取得

  • 所属学会: 日本補綴歯科学会 日本臨床歯周病学会

歯科医師となり、早14年が経とうとしています。これまでの経験を生かし、日々精進してまいります。 皆様のお口の健康に貢献できるよう努めてまいりますので、宜しくお願い致します。


なかい歯科 スタッフ紹介のページヘ

pagetop