変化を見逃さないために。|義歯・入れ歯・インプラントなら 京都の歯医者 なかい歯科

急患応相談 / 京都地下鉄市役所前駅から徒歩3分

予約制075-252-1020

休診日:日曜・祝日・土曜午後・木曜不定休

変化を見逃さないために。|義歯・入れ歯・インプラントなら 京都の歯医者 なかい歯科

075-252-1020

講演セミナーseminar

投稿日2019.04.15

変化を見逃さないために。

こんにちは。
なかい歯科 義歯インプラント研究所 歯科衛生士の吉田です。
つい先日梅の香りに春の訪れを感じていたのに、もう所々で葉桜が見られるようになりました。季節が過ぎるのは早いですね。
さて先日、院長と横谷衛生士が登壇される講演会に参加させて頂きました。
日々の診療に加えて外部でも活躍されている先輩の姿に刺激を受けると共に、他院の衛生士さんの講演も聞くことが出来て大変勉強になった一日でした。その中で症例を経過を追って比較しながら診るという話がありました。なかい歯科では、初診時に必ずお口の中の写真を撮影させて頂いています。それは患者様にわかりやすくお口の中の状況を説明すると共に、治療前の初診時のお口の中の状況を記録する為でもあります。その後治療中やメインテナンス中にも必要に応じて撮影させて頂きます。歯ぐきや噛み合わせ、むし歯の状態を数値や文字だけでなく写真でも記録しておく事で、以前の状態と比較して診査したり診断することが出来ます。初期むし歯や歯ぐきの腫れ、歯ぐきの位置などが以前と比べてどうなのかを診ることは、治療の介入のタイミングを決める為にも大切です。レントゲンの撮影も同様です。患者様にとっては、写真撮影の際に唇を引っ張ったり、大きな鏡を入れたりされるので苦手な方も多いと思います。しかし以前と比較し、変化を見逃さないようにすることは長期間にわたるメインテナンスを行う上でとても大切です。これらを再認識すると同時に、患者様にとって少しでも早く、楽に撮影が出来るよう、日々練習や工夫を重ねていかねばと気を引き締めさせられた、大変実り多い講演でした。
寒暖の差が大きく、新年度で環境の変化があったりと、疲れのたまりやすい時期かと思いますが、皆さま体調を崩されないようお気を付け下さいね。