京都 なかい歯科 義歯・インプラント ほてつ研究所

京都地下鉄「市役所前駅」徒歩3分 完全予約制075-252-1020

インプラント

最新のインプラント治療とは?

永久歯に継ぐ、第3の歯とも呼ばれ、天然歯とほとんど変わらない機能と外観を回復するインプラント(人工歯根)治療。 不幸にも失われた歯を補うための最も効果的な方法と言えます。

インプラント治療は年々進化しており、治療に必要な期間も短期化して来ています。
手術に伴う痛みや不快感を無くす方法も確立し、治療に係わるわずらわしさは飛躍的に低下しつつあり、ご希望があれば、骨の不足する方や、より短期間での治療終了をお望みの方に適用可能な手術も承ります。

ひと言で、インプラント治療といっても、まだお若い方のインプラント、骨のほとんど無い歯周病の方のインプラント、前歯や歯肉の目立つ方のインプラント、高齢の方により負担の少ないインプラントなど、あらゆるパターンがあります。
インプラントを含む補綴(ほてつ)処置は、ほてつ専門医である当院院長の専門領域であり、十分なカウンセリングのもと、 すべての治療をオーダーメイドで計画し、メインテナンスを含めて長期的な管理維持を行なっております。

インプラントをお考えの際は、誰が手術を行なうのか?どのような環境で手術を受けるのか?を充分納得の上、 信頼できる医院や歯科医師の治療を受けられることをおすすめします。

なかい歯科 義歯インプラントほてつ研究所では、患者さまの立場に立って安全で安心なインプラントを行っています。 ご相談は、無料です。個室のカウンセリングルームでゆっくり承りますので、お気軽にお越しください。

隣接する歯を1、2本失った場合

01_01

これまでの方法

両隣の歯を削って人工の歯(ブリッジ)をかぶせます

  • 健康な歯を削らなければなりません
  • 削られた歯にさらに噛む力の負担がかかります
01_02

インプラント

インプラントを埋め込み、その上だけに人工の歯を固定します

  • 健康な歯を削ることはありません
  • 噛む力により天然の歯に負担がかかりません

実際の症例を見る

奥歯を含めた複数の歯を失った場合

02_01

これまでの方法

部分入れ歯を装着します

  • 金属のバネがかかる歯に負担がかかります
  • 部分入れ歯の違和感があります
  • 金属のバネが見える場合はとくに見栄えが良くありません
  • 部分入れ歯の手入れが大変です
  • バネのかかる歯が虫歯や歯周病になりやすくなり、違和感が残ります
02_02

インプラント

インプラントを埋め込み、その上だけに人工の歯を固定します

  • 天然の歯と同等の力で噛むことができます
  • 噛み合わせが安定します
  • 外観、装着感ともに違和感、異物感がありません
  • 顎の骨の吸収を防ぎます
  • 残っている天然の歯に負担をかけません

実際の症例を見る

pagetop

すべての歯を失った場合

03_01

これまでの方法

総入れ歯を装着します

  • 入れ歯がずれたり、はずれたりすることがあります
  • 歯茎が痛むことがよくあります
  • 硬いものが噛みにくくなります
  • 味がわかりにくくなります
  • 顎の骨がやせます
  • 噛み合わせが安定しません
03_02

インプラント

インプラントを埋め込み、その上だけに人工の歯を固定します

  • 天然の歯と同じぐらいの噛む力を生じます
  • 噛み合わせが安定します
  • 外観、装着感ともに違和感、異物感がありません
  • 顎の骨をやせるのを防止します
  • 噛み合わせが安定します

実際の症例を見る

特に目につく前歯部を失った方への審美インプラントを多数扱っております、
こちらをご覧ください「審美歯科ページ」

04_01

インプラントは少し怖いという方、持病等によりインプラントが無理だと言われた方は、
こちらをご覧くださいa href=”http://ndo-kyoto.jp/denture/”>「入れ歯」

04_02

インプラント手術及び高度最新設備の安全管理について

pagetop

安心・安全のための、CTによるインプラント3Dシミュレーション

05_01

CT撮影により実際必要な歯の形態から、インプラント埋入位置を逆算して、コンピュータで決定する。

05_02

埋込シミュレーション

05_01

シミュレーション通り、埋入出来るようなドリルガイドをコンピュータデータから作製する。

05_02

シミュレーション通りのインプラント埋入が正確に出来る。時間も1/3に短縮される。





05_01
05_02

クラウン装着後:本来の歯の位置と同じところに埋入され、見た目も機能性も天然歯とあまり変わらない。

05_01

術前

05_02

インプラント埋入後

05_01

術後

pagetop

骨増成手術について

「失った歯と同程度の機能を取り戻したい、入れ歯や義歯はできれば避けたい。」
そのようなご希望があっても、インプラントが埋入できるだけの骨が無いことが理由で、治療をあきらめざるを得なかった方も、 骨を増やす処置を行なうことでインプラントが可能になります。

実際の症例を見る

いろいろなインプラントについて

抜歯後即時埋入・即時荷重

一回の手術で抜歯からインプラントの埋入、上部構造の取り付けまでの処置を一度に行う方法です。適応症例は限られますが、通院回数を少なく治療期間を短くすることが可能で、手術の当日からインプラントで食事をすることが出来ます。

フラップレス埋入

通常のインプラント第一次手術では、歯肉を切開し骨の状態を目視確認してから、 インプラント体を埋入しますが、患者さまのお口の状態によっては、切開をせず(フラップレス)埋入することが出来ます。この場合、所要時間は1本当たり10分程度です。

実際の症例を見る

インプラントを利用した入れ歯

オーバーデンチャー

無歯顎者に対して、もっともシンプルで効果的な治療法です。
従来型の総入れ歯がインプラントに支えられることにより、着脱式でありながらお口の中でしっかり安定します。埋入するインプラントの数も少数(通常2-4本)ですむため費用もおさえられます。 この方法で多くの義歯患者さまが、入れ歯のガタつき、痛みから解放されたとお喜びいただいています。最新の研究では、歯が全く無くなった方の第一選択肢とされている、スタンダードタイプの治療法です。

06_01
06_02
06_01
06_02



ボーンアンカードブリッジ(フルマウスブリッジ)

現代インプラントが最初に応用された歴史と実績ある治療法であり、完全固定式のため、最も自分の歯に近い特徴を持つほてつ方法が、ボーンアンカードブリッジ(フルマウスブリッジ)です。 無歯顎またはそれに近い状態にインプラントを埋入し(通常6-8本)、そこに、ブリッジ様のコンパクトな入れ歯を連結することにより、充分な強度を持たせ、ボルトで固定します。 着脱式の義歯とは違い、ボルト固定するため外れるということがありません。したがって、総入れ歯でありながら周囲の人にも気付かれにくく、自身の歯と同じように生活することが可能です。 機能的にも天然歯と同等の咬合力回復が可能なハイエンドタイプの治療法です。

実際の症例を見る

pagetop

実例集

下顎大臼歯を失ったケース

術前

07_01
07_02

術後

07_03
07_04
07_05

固定性ブリッジ

07_06
07_07

subtitle10

進行した歯周病のため、全ての歯を抜歯、元の歯と同様に違和感なくしっかり咬めるようにするため、固定性インプラント義歯とした。

術前

07_08
07_09
07_10
07_11

術後

07_08
07_09
07_10
07_11

pagetop

骨量が不足している難ケース上顎前歯部を1本失ったケース(部分的に骨量が不足する場合)

GBR法併用:
人工骨とそれをカバーする特殊膜をはって、部分的な骨造成を行う。

07_16
07_16

インプラントをカバーする骨が不足。

07_16

人工骨を補填する。

07_16

遮断膜をはる。

07_16

治癒後。

07_16

セラミッククラウン装着。

骨量が不足している難ケース上顎前歯部を連続で失ったケース(骨が著しく少ない場合)

自家骨ブロック移植:
自分の骨を切り取って足りない部分を補う方法

07_22

骨が薄すぎて、インプラント埋入が出来ない。

07_22

親不知付近から自家骨を採ってきて、ネジ固定(ベニアクラフト)を行う。

骨量が不足している難ケース上顎臼歯部を失ったケース(骨の量が少ない場合)

上顎洞底挙上術併用:
歯茎の側方から人工骨を上顎洞底に充填し、骨量を増やす方法。

07_22

骨の高さがなく、インプラントを埋入できない。

07_22

上顎洞底挙上術。

07_22

充分な長さのインプラント埋入が、可能となった。

07_22

術後

07_22

術後

骨量が不足している難ケース下顎臼歯部を失ったケース(骨が特に薄い場合)

スプリットクレスト法併用:
骨に切れ目を入れて、くさび状に隙間を拡張してインプラントを埋入する。人工骨を必要とせず、長期安定性も良好。

07_29
07_30

pagetop