京都 なかい歯科 義歯・インプラント ほてつ研究所

京都地下鉄「市役所前駅」徒歩3分 完全予約制075-252-1020

歯周病

歯周病治療の流れ出来るだけ歯を抜かないために

「歯周病とは」

歯の表面につく、プラーク〔歯垢=細菌のかたまり〕によって、歯肉や歯槽骨などの歯を支える大切な組織が破壊され、最終的には歯を失ってしまうという病態です。 一般的には、痛みなどの自覚症状がないまま何年もかけゆっくりと進み、発見されたときには相当進行していることが多く、30歳代以上の成人では、7割以上が罹患しているとも言われています。

早期発見と適切な治療により症状の改善が期待出来ますが、より良い状態への回復には、歯周病に対する患者さまご自身の理解と知識、何より努力が不可欠です。歯周病患者さまには、担当医とともに歯周病治療にあたるパートナーとして、担当歯科衛生士を選任し、計画立てて治療とフォローアップを行なってまいります。

少し時間はかかりますが、大切なご自身の歯をできる限り多く残すため、一緒に根気良く治していきましょう。

歯周病セルフチェック

YESはいくつありますか?
気になる症状がある方もそうでない方も、セルフチェックしてみましょう!

  1. 歯肉に赤みや腫れを感じますか?
  2. 歯を磨くと出血することがありますか?
  3. 口臭は気になりますか?
  4. 起床時、口の中がネバネバしますか?
  5. 熱いものや冷たいものがしみますか?(違う原因の場合もあります)
  6. かたいものが食べにくいですか?
  7. 食べ物が歯や歯肉部によく挟まりますか?
  8. 糖尿病にかかってていますか?
  9. 喫煙しますか?
  10. 家族に歯周病にかかっている人がいますか?
  11. 歯が長くなったように感じますか?
  12. 歯と歯の隙間が気になりますか?
  13. 歯肉からウミが出たことがありますか?
  14. 歯並びが変わってきたように感じますか?
  15. 歯が揺れたり、手で押すとグラついたりしますか?

YESが2個以下
今のところ、大きな心配はないようです。良い状態を維持するため、お口にあった歯ブラシで正しいブラッシングを行ないましょう。

YESが3個以上6個以下
歯周炎や初期歯周病の疑いがあります。できるだけ早めに治療をはじめましょう。

YESが7個以上10個以下
歯周病です。今すぐ治療をはじめましょう。

YESが11個以上
重度の歯周病です。まずはご相談ください。

「できるだけ歯を抜かないための歯周治療」大まかな流れ

1.診査と診断

  • カウンセリングで詳しくお話を伺います。 これまでの様子、生活習慣や健康状態、治療についてのご希望など詳しく伺います。
  • 歯周ポケット (歯と歯ぐきの間の溝の深さ) の測定

    01-01

    成績表
  • レントゲン撮影 骨の状態や歯周病の進行状況を確認します。場合によっては、CTの撮影を行ないます。
  • 診断結果の説明と今後の治療計画についてのご相談 検査の結果分かった事実をもとに、長期的な見通しを立てて、治療に入ります。


2.ブラッシング指導

患者さまの症状に応じ、専属の歯科衛生士が担当を受け持ちます。

01-02

3.第1次治療

スケーリング
歯肉縁上の目に見える部分の汚れとり

01-03

4.第2次治療

ルートプレーニング
歯肉の内側のさらなる汚れとり

01-04

5.第3次治療

歯周外科処置 A 切除療法
歯肉を剥離して汚れをとり、周囲の不要な組織を除去します。

歯周外科処置 B 再生療法 〔健康保険適用外〕
歯肉を剥離して汚れを取り、歯周組織再生処置を施します。

01-05

術前
中央の歯の周りの骨がとけて黒く 写っています。 このままでは早晩 抜歯となります。

01-06

術後1年目
健康な白い骨が歯を取り囲んでい ます。 正常な歯周組織に再生され ました。

01-07

術前

01-08

術後1年目

歯周病は歯の周りの歯槽骨を溶かします。一度失われた骨はこれまで基本的には戻ってきませんでした。 ところが、再生医療の進歩とともに、一昔前では不可能であった歯周組織の再生が可能となってきました。 残念ながら、まだ一部の限られたケースにしか適用できないのですが、自分の歯を以前のように回復できるという点で画期的な治療法です。



6.持続的歯周病治療、あるいは継続的メインテナンス治療へ

歯周病と診断された方の回復には、最低でも数カ月の治療期間を要します。 また、慢性の炎症性疾患であるため、完治が難しく、良い状態の維持にはコントロールとメインテナンスが不可欠です。 歯周病は生活習慣病のひとつであるとされ、糖尿病や心筋梗塞などの全身疾患との関連も近年続々と明らかになってきています。

年齢を重ねても、自分の歯が多く残っている人ほど、健康で長生きが出来るという学術データも出ており、歯周環境の改善は全身の健康維持に欠かせないものとなりつつあります。 当院の医師及びスタッフを口腔環境向上のパートナーとし、いつまでも自分の歯で美味しく食事が出来る健康な体つくりを目指しましょう。



7.参考資料

健康な歯と歯周病進行の様子

01-09

健康な状態の歯と歯肉です。 歯肉は薄いピンク色で、歯が充分な量の骨に支えられています。歯肉溝( 歯周ポケット)と呼ばれる、歯と歯肉の間の部分が引き締まって、炎症原因となる物質の侵入を防いでいます。

01-10

pagetop