レントゲンって??|義歯・入れ歯・インプラントなら 京都の歯医者 なかい歯科

急患応相談 / 京都地下鉄市役所前駅から徒歩3分

予約制075-252-1020

月・火・水・金  9:00~12:45 / 13:45~18:00
土  9:00~13:15
休診日:日曜・祝日・土曜午後・木曜不定休

レントゲンって??|義歯・入れ歯・インプラントなら 京都の歯医者 なかい歯科

075-252-1020

講演セミナーseminar

投稿日2022.02.12

レントゲンって??

皆さま、こんにちは。
なかい歯科 義歯インプラントほてつ研究所
歯科助手の川原です。


歯医者さんで、よく「レントゲン撮ります」と
レントゲン室に案内されることがあるかと思います。

しかし、
レントゲンと一言に言っても実は、種類があるんです。

まず、1つ目は、パノラマというものです。

パノラマとは、お口全体を一枚の平面画像にしたものです。

全体的にどのような治療がなされているのかや
大きな虫歯がないか、骨の状態はどうか
気づかないうちに進行している病気がないか
親知らずの有無と向きなどなどを大まかに診ています。

当院では、基本的に最初に来院下さった時と
1年に一度程撮影をさせていただいております。

これは、とても大事な判断材料になります。

そして、ここはもうちょっと
詳しく診たいとの判断がなされた時は、
デンタルCTを撮ります。

デンタルは、お口の中にレントゲンを写しとる為の
フィルムを入れて数本の歯を横から撮影します。

虫歯の大きさの目安にしたり、
歯の根っこの状態、骨の状態をみたりします。

CTは、360°から撮影することで、3Dの画像が撮れます。

色々な方向から見ることができるので、
歯の根っこの形や向きをみたり、骨がどの方向に
どのくらい無くなってしまっているのかなどが分かります。


ですので、「あれ?さっきもレントゲン撮ったのにな...」と
思われたことがあるかもしれませんが、

実は、
種類が違い、特徴がそれぞれにあるのです!!

今回は、代表的な説明を書きましたが、
これら以外にも、治療に応じて、
各特徴を活かし、レントゲンを撮ることがあります。

大変だなぁ...と感じたことがあるかもしれませんが、
皆さまの健康なお口の為に
とても大切なことですので、よろしくお願いいたします!!



レントゲンって??