妊婦の方, 歯科を受診されていますか?|義歯・入れ歯・インプラントなら 京都の歯医者 なかい歯科

急患応相談 / 京都地下鉄市役所前駅から徒歩3分

予約制075-252-1020

休診日:日曜・祝日・土曜午後・木曜不定休

妊婦の方, 歯科を受診されていますか?|義歯・入れ歯・インプラントなら 京都の歯医者 なかい歯科

075-252-1020

講演セミナーseminar

投稿日2019.05.20

妊婦の方, 歯科を受診されていますか?

 こんにちは、なかい歯科 義歯インプラントほてつ研究所 歯科衛生士の横谷です。朝晩は気温が低いですがすでに夏の気配すら感じられるこのごろ長いGWも終わりましたが皆さんいかがお過ごしでしょうか?

 

 さて突然ですが妊婦の皆様定期健診など歯科を受診されていますか?

最近,  母子歯科保健の現状とヘルスプロモーションという講義を受講する機会がありあらためて妊娠期の知識を再認識しました

   何となく, "妊娠中の口腔内の状態は悪くなりやすい"という認識はあると思います実際具体的にはどうに悪くなりやすいのでしょうか?疫学調査によると妊婦と一般女性と比較すると妊婦の方が4mm以上の歯周ポケットを有する者の割合が高いという報告があります妊娠中(特に後期)ではヒト血清に含まれるエストラジオールなどの女性ホルモンの濃度が高くなりますその濃度が高くなることで歯肉縁下の細菌の中でも特に妊娠期に多くみられるC.rectusの構成比率も高くなるという報告がありますよって結果的に女性ホルモンにより細菌の増殖促進が行われるわけですそこで歯周病に罹患しやすくなります

 またいくつかの研究で, 歯周病の妊婦はそうでない妊婦と比較し早産・低体重児出産となるリスクが高くなると報告されています徳島県の妊婦の喫煙関係と4mm以上の歯周ポケットを有する状態との関連性を調査した報告によると喫煙習慣と同様に歯周病罹患は低体重児出産のリスクファクターとなりうると示唆されていますところが徳島の歯科医院での調査によると妊婦の定期健診の受診率は34.5%と報告されていますまた同調査で定期健診を受診している人はしていない人と比較して口腔内の気になる症状が少なく歯周病や妊娠中の歯科治療についての知識を理解していて口腔清掃状態が良好であったとも報告されています

 このように, 妊娠中の身体の変化による口腔内の影響も踏まえるともっと多くの方が歯科の定期健診を受診されることをお勧めします体調不良でなかなか外出がしづらくなるかもしれませんが体調が落ち着いている時にでもぜひ一度歯科の健診を受診されてみてはいかがでしょうか?気になることがあればお問い合わせいただければと思いますご来院お待ちしております

 5月もあと少し新緑がまぶしい爽やかな季節をお楽しみ下さい.